年をとっても自分の歯を残そう!

この記事をシェアする

健康長寿の秘訣はオーラルケアが重要なカギを握っている

虫歯

昔は、「歯に小さな虫が取り付いて食べてしまう」と思われていたかもしれませんが、そんなことはありません。
虫歯とは、口腔内に存在する菌が産出する酸によって、歯が浸食された状態のことを言います。浸食が進むと、歯の神経が剥き出しになってしまい大変な痛みが出てきます。こうなってくると急いで治療しないと、痛くて痛くて我慢できません。
その治療とは、浸食されたところをきれいに整形し、浸食で欠けた所を金属や硬化樹脂等の詰め物で埋めるというものです。浸食部位、つまりは虫歯になった所を小さなドリルのようなタービンという機械で、キィーンと歯を削るのですが…。
この歯を削る治療が、歯医者さんに対する嫌なイメージの元になってるんですね。大抵の人はこの治療が嫌なようです。でも削ってきれいにしないと、表面や隙間から浸食が再発という事もあります。

歯周病

歯周病も虫歯と同じように、口腔内に存在する菌によって引き起こされる病気です。
主に歯茎に起こっているのが歯肉炎、そこから炎症が広がり歯根部や上下の顎骨に達すると歯周炎とよばれ、実は虫歯より深刻な場合が多いのです。
虫歯だと大抵の場合は町の歯医者さんで治療できますが、重度の歯周病になると、大きな口腔外科のある病院で入院治療となる場合もあります。
歯周病の初期は、まず歯肉炎が発症します。この時の初期症状としては、口臭が気になったり、歯茎が赤く腫れたり、また少し進行すると軽度の出血がみられます。歯肉炎が進行すると歯周炎という病気に進行します。
歯周炎が重症化すると、顎の一部の歯槽骨が浸食され不安定になります。歯がぐらついてきたり、最悪の場合抜けてしまいます。


Topへ
戻る▲